FXやるなら必須の知識

レバレッジの仕組みは必ず理解を

レバレッジとは「てこの原理」と訳されます。

実際に、小さな証拠金しかなかったとしても、FXであればレバレッジで大きな証拠金に変えることができるのです。
具体的な数字としては、10万円でFXをやっている人が10倍のレバレッジでFXにおける取引で大儲けをした・・・と言うものが多いですね。

実際に多いのは、これ位の投資金でレバレッジ10倍と言うものです。
また、10倍になっているので100万円でFXにおける取引をしているようなものです。

そして、例えば、1日で1,000円の儲けが発生したと言う場合には、実際は1万円の儲けとなっている事になりますので、これがレバレッジの魅力でしょう。
ただ、先ほどの儲けが1万円であった場合には、損失の場合には10万円が飛んでいますので、FXにおける取引は続行不可能となります。

海外FXの面倒な点として、「証拠金が追加されない」場合にはFXにおける取引はストップしてしまうと言う難点があるので注意しましょう。

レバレッジが理解できると

レバレッジを知っておくだけでも、「FXに向いている人」になれます。
レバレッジと言うと、儲けたいのであれば10倍以上が当然・・・のようになっていますよね。
ですが、実際に10倍のみでFXをやっている人を私は知りません。

中には、最高の25倍でFXをやっているプロのトレーダーもいますが、損失は少ないトレードばかりとなっています。
ここで、「むむ?」となりますよね。
だって、損失はレバレッジに比例のはずですから、レバレッジの高いFXをやっている人は、FXに向いていない人のはずですから・・・。

ここでタネ明かしなのですが、レバレッジ25倍のものと安全に取引ができる通貨ペアと言うのは、FXにはいくつも存在しいているので、コチラを理解しているだけでレバレッジとの併用でFXに向いている人になれるのです。

何よりも、レバレッジを使いこなすためには「複数の通貨ペア」との相性を知らないといけません。
これが、FXに向いている人と言うか儲けられる人の必然ともされています。

FXプライム|まじめにFX。
FXプライム|まじめにFX。
Copyright(c) 2013 FX初心者のバイブル All Rights Reserved.